logo
Home

東京 新聞 望月 映画

Com ニュース第32回東京国際映画祭の日本映画スプラッシュ部門に出品された. 菅官房長官と東京新聞の望月衣塑子記者との記者会見におけるバトルが続いている。 そして菅官房長官のメディア弾圧発言. 東京新聞・望月衣塑子記者に密着したドキュメンタリーが公開. 映画「新聞記者」が6月28日に公開される。それに合わせて、東京新聞の望月衣塑子記者や元文部科学省事務次官の前川喜平氏、新聞労連委員長で.

富山市議会の政務活動費の不正問題を描いた映画の舞台挨拶に東京新聞社会部の記者で映画「i~新聞記者ドキュメント」の主人公・望月衣塑子. See full list on 東京 新聞 望月 映画 greenz. 大学新設計画・レイプ事件の揉み消し等と、政権下で起きた事件と酷似したエピソードが出て来ますが、本来ならば、もっとテレビや新聞等の媒体が追及して然るべき事件です。 映画なので当然、脚本の中でエンタテイメントとして昇華されています。 しかしそれが「マスメディアの代弁者として告発した」と言う扱いでいいのか? 映画化されたから良しとするのか? と、終息したと捉えるのは愚問でしょう。 メディアの動きと政権下の圧力を、観終えた後でも考えてしまいます。. 松坂桃李、韓国の実力派女優とw主演 望月衣塑子「新聞記者」原案の社会派映画.

i 新聞記者ドキュメント. 出演: 望月衣塑子. 日本の政治ドラマの場合、権力側の史実に基づくとか歪曲して批判をする作品が多いです。 しかしこの作品は、史実に基づきつつ、真正面から政権批判に徹しています。 「言いたい事を代弁してくれている」と、カタルシスを感じるのは、現政権に不満や疑問を感じる人達でしょう。 また、そんな人達が大勢いると言うのが、大ヒットの証と言えます。 なので、現政権の支持者には、耳の痛い映画とも言えます。 「日本人の父と韓国人の母のもと、アメリカで育った」女性記者との設定ですが、シム・ウンギョンの日本語も完璧で立ち振る舞いも一匹狼の女性記者そのもの。 日本人記者として描いても、違和感は無かったかもしれません。 最後まで苦悩する松坂桃李のエリート官僚役は、役者としてひと皮剥けたと捉えていいでしょう。 細部まで徹底した役作りは、もっと評価されるべきです。 政治のニュースを敬遠しがち・興味が無い・テレビや新聞でしか情報を得ないと言う方には絶対に観てほしい作品です。.

チューリップテレビの「ニュース:映画『はりぼて』 東京新聞・望月記者が見た組織ジャーナリズムの葛藤」ページ。事件や事故、心温まる情報. 東京新聞の望月衣塑子記者の 質問がネットの一部から猛烈な批判を 浴びています。 東京 新聞 望月 映画 頭おかしい、反日等のキツイ言葉も 出る程です。 そんな望月衣塑子記者の経歴は どうなっているのでしょうか? 夫は朝日新聞関係者ともネット上で ウワサされています。. 東京新聞・望月記者を恐れる官邸 いま政治取材の現場. 「個」についてさらに考えさせられるのが、参議院選挙の応援に安倍総理が立つというシーン。安倍政権を支持する人々と、反対する人々がともにプラカードを掲げ、メッセージを叫び、それをマスコミが取材し、野次馬が囲みます。 そこで森監督は自身のナレーションを重ね、人が集団になることで正義が暴走することを語り、個であることの重要性を語ります。 人は集団に属し、その考えを自分の行動原理に採用するほうが楽に生きることができます。自分で考えなくていいのですから。私たちはみな多かれ少なかれそのような生き方をしています。 今の政権はそれを利用し、敵・味方で社会を分断し、多くの人々が同じ考えに染まるような仕組みをつくってきました。籠池さんがインタビューの中で「私は切られた人間だから」というシーンがありますが、そうやって敵と味方を区別しているのです。 ただそれは反対する側にも言えて、自分で考えずにただ反対すれば良いと考えてしまうのです。「何にでも反対する野党」という言葉はそのような「反安倍」の人たちの代弁者になってしまっている野党をくさす言葉として的を射ているとも言えます。 少し話がずれてしまいましたが、この映画は、集団に属する以前に「個」であることの重要性を伝えようとしているのです。 この映画のタイトルの『i』について、森監督は東京国際映画祭のQ&Aで「衣塑子の”i”というところから始まり、アイアムやアイデンティティの”i”になっていった気がします」と話していましたが、私はこれは一人称の「I」であると受け取りました。自分主体であることの重要性を意味しているのだと。だから個人としての望月衣塑子を描いたのだと。 『新聞記者』でも吉岡記者が「分断し孤立化を図り個を押しつぶそうとしている。それに対抗するためには個と個がつながることが必要」とツイートする場面がありました。「対抗する」というと分断に加担し別の集団をつくってしまう可能性も感じられなくはないですが、大意としては個を確立してから人とつながって行くことの重要性について語っているのだと思います。 今わたしたちに必要なのはまさしくそのことで、個に立ち返って社会とのつながり方を考え直すべきときに来ているのです。ぜひ映画を見て考えてみてください。. 望月衣塑子記者, 東京新聞, 満島ひかり, 蒼井優, 邦画, 韓流 話題のニュース 東京 新聞 望月 映画 東京新聞の望月衣塑子記者の自伝本を原案にした映画「新聞記者」が製作されることが決定したとニュースが伝えています。. 総理大臣を補佐する情報機関、内閣情報調査室(内調)。国内外の情報を収集・分析する組織だが、その活動実態はベールに包まれている。映画.

映画「新聞記者」の原案となった東京新聞の望月衣塑子記者の同名の著書が、このほど韓国で翻訳出版された。 yonhap newsでも↑のように書かれていました。 では、次に映画「新聞記者」について調べていきたいと思います。. 東京新聞「望月衣塑子記者」がスクープ記事でトラブル 約束違反だと取材先が抗議文 国内 社会 年11月30日掲載 最近は「日本学術会議」を追いかけている東京新聞の望月衣塑子記者( 他の写真を見る ). 何十年も先になって『令和時代を振り返る』特集が組まれた時「当時はこれがリアルな政治とマスコミだったんだよ」と紹介出来る程、精巧な作品と言えます。 圧力に屈したまま、この作品以上に酷くなっているのかは、誰にも解りません。 しかしSNS上で絶賛され口コミで拡がっている作品なのに、政府側の目を気にし過ぎて全く話題にも取り上げないマスコミの姿勢は、いかがなものでしょうか? 政権批判に徹した作品だから、マスコミの黙殺は当然である。 その為に渾身の作品を生んだキャスト・スタッフ陣の仕事ぶりが正しく評価されず、知る人ぞ知るレベルで終わってしまう。 エンタテイメント界のこれからを考えると、負のスパイラルに陥っているとしか映りません。 「そんな映画に出演すると仕事が来なくなるぞ」と危惧するのも、ひとつの脅しです。 ラストに出て来る「この国の民主主義は、形だけでいい」と言うセリフを、聞き流すか?それとも真剣に考え直すか? 観客側に問題提起をしている点も、見落としてはいけません。.

新聞記者の作品情報。上映スケジュール、映画レビュー、予告動画。「怪しい彼女」などで知られる韓国の演技派女優シム・ウンギョンと松坂. 女性記者役は韓国の女優、シム・ウンギョン。 若手エリート官僚を松坂桃李が演じています。 誠実に真相を追い詰める記者と、自らが置かれた立場と真実の間で最後まで苦悩する官僚が交差して行くシーンは迫真に迫る演技で、最後まで惹きつけます。 他にも、杉原の上司で無感情のまま政府の言いなりとして動く官僚・多田を演じる田中哲司など、個性的なキャストが揃い踏みです。 子供が産まれた喜びを演じる本田翼の存在は、重くて暗い作品を一瞬だけ明るくしてくれます。. 内閣情報捜査室が、極秘に神崎をマークしていた事実を知る杉原。 一方、新聞社には大学新設計画の件で政府から圧力が。 「記事にするなと言うんですか」と憤るエリカ。 今のまま記事にすると誤報になると叱責する上司。 新聞記者だったエリカの父は、誤報が元で自ら命を絶っていた. 東都新聞社会部の女性記者・吉岡エリカ(シム・ウンギョン)。 父は新聞記者だったが、ある件が元で、自死。 彼女の心の奥底には尊敬する父の無念の思いが込められ、それを原動力として、精力的な取材活動を続けていた。 ある日、エリカの元に、表紙にサングラス姿の羊が描かれた匿名のFAXが送信されて来る。 そこには大学新設計画に関する極秘情報が記載されていた。 現政権を振るがし兼ねない情報を元に、エリカは取材を始める。 内閣情報調査室の若手官僚・杉原(松坂桃李)は既婚者。 子供が産まれてくる以上、仕事も頑張らないといけないが、そこの業務と言えば、現政権に不都合なニュースをSNS等を使ってコントロールすると言う、仕事とは思えない仕事だった。 上司には「日本のためだ」と諭されるが、こんな処にいていいのかと、葛藤に苦しむ日々となっていた。 ある日、杉原はかつての上司・神崎(高橋和也)と再会する。 何か思い詰めた様子の神崎を心配するが、その予感は当たってしまい、数日後に神崎はビルから飛び降り自殺をする。 神崎の葬儀場。容赦ない報道陣に囲まれる遺族を、杉崎が守る。 そこには、取材目的で現れたエリカの姿。 しかしエリカは報道陣に対し、子の取材が必要ですかと問い詰める。 これが、エリカと神崎の出会いだった。. 。. 望月衣塑子の関連作品(映画)をもっと見る 写真・画像.

東京新聞 望月衣塑子様 10月13日、貴殿からのインタビュー依頼書が当事務所に届きました。 過日、私が出演しているインターネット番組「NewsBar橋下」(Abema TV)より東京新聞広報宛に貴殿の出演依頼をしたところ無回答のままだと番組スタッフより聞いております。. 東京新聞社会部記者・望月衣塑子氏(右)と森達也監督 映画. 映画は、辺野古問題のために望月記者が沖縄を訪れるところから始まります。ここでは、埋め立てる土砂に赤土が約束より多く混入されているのではないかという疑惑が取り上げられ、望月記者は海から現場を視察した上で、県知事の記者会見や沖縄防衛局のヒアリングに参加。明確な回答が得られなかったため、会見後に沖縄防衛局の責任者を追いかけて食って掛かります。 まさに「戦う新聞記者」というイメージにあったシーンです。 ただ、この映画の眼目は辺野古問題ではありませんし、他の様々な疑惑でもありません。注目すべきは、視察の前日、取材先を何件も訪れるもののどこも不在で空振りになってしまうシーン、その道中のタクシーの中では娘とテレビ電話など。さらに、記者会見では移動中に他の記者とはぐれ右往左往し、ここに「集団行動が苦手らしい」「方向音痴のようだ」という字幕をはさまれる場面です。 これらのシーンが示すのは、この映画が新聞記者(ジャーナリスト)であり個人である「望月衣塑子」についての映画であり、今の日本でジャーナリストであること、そして個人としてあることの意味を表現しようという意志なのです。. 。 それでもエリカは真相を探ろうと、同じ思いの杉原と共に動き出し、神崎がこの件に深く関与し、自己犠牲になったのでは? と疑念と抱き、証拠資料等を探り始める。 神崎の自宅へ行くと、亡妻が一冊のスケッチブックを見せる。 そこには、FAXに描かれていた、サングラス姿の羊のイラスト。 そして傍らに一冊の洋書。 そこには、ユタ州で生物兵器の実験場の近隣で羊の大量死が起きていたと書かれていた。 編集部もスクープ記事にと動き出すが、これだけではまだ証拠が足らない。 杉原は神崎の持っていた資料を見つけ、スマホで撮影。 エリカは神崎の後任の男を取材し、足止めさせる作戦に。 そしてスクープ記事が、東都新聞の1面を飾る。 その後には良いニュースと悪いニュースが訪れ、家族を持った杉原は、更に苦悩の道を進んでしまう. 芦田愛菜さん主演映画『星の子』Blu-ray&DVD発売&デジタル配信が決定!. 東京新聞 望月衣塑子様. 東京新聞えがおプロジェクト特別映画上映会『電車を止めるな!』 年12月4日(金)東京新聞1階ホール 19時00分開映、18時30分開場.

See full list on spotlight-scoop. 東京新聞の望月衣塑子記者、ドキュメント映画が好評で菅官房長官の選挙区から出馬が現実味に関する記事ページ。芸能界のニュース、特に. 東京新聞記者の望月さん(左)と朝日新聞で長く政治記者をしてきた南さん。 浜田: 今、望月さんに対する官房長官会見での質問制限(※)が問題になっていますよね?. 東京新聞記者・望月衣塑子による「第23回平和・協同ジャーナリスト基金賞」の奨励賞を受賞した同名ベストセラーが原案の本作は、政権が隠す権力中枢の闇に迫ろうとする女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート. 10月13日、貴殿からのインタビュー依頼書が当事務所に届きました。 過日、私が出演しているインターネット番組「NewsBar橋下」(Abema TV)より東京新聞広報宛に. 『新聞記者』(しんぶんきしゃ)は、年公開の日本映画。 東京新聞所属・望月衣塑子の同名の著作を原案にした、社会派サスペンスフィクション 。若手女性新聞記者と若手エリート官僚の対峙と葛藤を描いている。.

【今後の講演情報はこちら】 com/event 【ラジオやってます】 東京新聞の望月衣塑子モデルに映画化の話! 官房長官の菅義偉に必死に食い下がった女性記者がいる。東京新聞の望月衣塑子である。彼女をモデルにした映画製作の話が持ち上がっていると言う。主演の望月役には女優の蒼井優が有力だそうだ。. 東京 新聞 望月 映画 望月記者がすごいのは取材対象からの信頼を勝ち得ている点です。準強姦の被害を訴えた女性ジャーナリストの伊藤詩織さんとは親しい友人のようで、伊藤さんが望月記者を誰よりも信頼していることが画面からも見て取れます。 そして、保釈中の籠池夫妻へのインタビューのシーンでも、彼らが、考え方は違っているとしても記者として望月さんを信頼していることが見て取れます。このシーンでもう一つ注目なのは、籠池夫人がやたらと食べ物を勧めること。望月さんはもちろん、撮影している森監督や周りのスタッフにもどら焼きの袋をわざわざあけて勧めてくるのです。これは思わず笑わずにはいられません。 この食べ物と笑いという要素は「人」がテーマの映画だということをさらに浮き彫りにします。望月記者がものを食べ、笑い、疲れた表情を見せることで「戦う記者」という看板の後ろにいる人間の思いがにじみ出てくるのです。 そしてこの人間らしさと取材対象の信頼を勝ち取ることは無関係ではありません。望月記者は「新聞」として話を聞くのではなく、人として話を聞く。個人と個人の関係で話をするからこそ相手の信用を得ることができるのです。 映画『新聞記者』で、主人公の吉岡記者が自殺した遺族に殺到する報道陣に対して「あなたがやられたらどう思うの?」と言って制止する場面があります。この「人」として取材対象と接する態度によって、吉岡はもうひとりの主人公・杉原の信頼を獲得していくのです。 「新聞記者」という集団の一人としての自分ではなく、まず自分=個人であるという態度の重要性がこの2つの映画に通底するテーマだと私は思いました。 話を『i-新聞記者ドキュメント-』に戻すと、望月記者のさまざまな取材活動を描く中で、その中心に据えられているのが、官邸による質問妨害です。 ご存じの方も多いと思いますが、望月記者は東京新聞の社会部の記者で、菅官房長官の記者会見に出席する政治部の記者たちの中では異色の存在です。そんな彼女がずけずけと物を言い、菅官房長官はそれに答えず、司会を務める官邸の担当者は質問の途中でたびたび「質問に移ってください」と妨害することが繰り返されてきました。 映画はこの記者会見の映像をたびたび使い、さらに森監督自身がその場に入って映像に収めようとまでします。それはなぜなのか。 それはおそらく、この記者会見が望月記者の「個」が突出する場面だから. 東京新聞社会部の望月衣塑子記者を追ったドキュメンタリー「i新聞記者ドキュメント」の公開記念舞台挨拶が11月16日、東京・新宿ピカデリーで.

6月28日、東京新聞の望月衣塑子記者をモデルにした映画『新聞記者』が公開された。朝日新聞社が出資していたり、東京新聞も協力的なので. 森達也監督、東京新聞記者・望月衣塑子氏を「泣かせたかった. 東京新聞記者・望月衣塑子のベストセラー『新聞記者』を“原案”に、政権がひた隠そうとする権力中枢の闇に迫ろうとする 女性記者と、理想に燃え公務員の道を選んだある若手エリート官僚との対峙・葛藤を描いたオリジナルストーリー。. 望月 衣塑子(もちづき いそこ、1975年 - )は、日本の新聞記者。 中日新聞社の社員。弟は演出家、脚本家、俳優の望月龍平。年2月現在、東京本社社会部記. 官邸による東京新聞・望月衣塑子記者の質問制限に異議を唱え、6月に新著『報道事変』(朝日新書)を出版した新聞労連委員長の南彰氏が、執筆. 望月衣塑子・東京新聞記者や元官僚の前川喜平氏が明かす実態【動画】 作品が6月28日に公開されるのを前に、望月、前川両氏ら4人が対談して. 原案は望月衣塑子著「新聞記者」(角川新書)です。 菅官房長官の記者会見で毎回辛辣な質問をしては官邸側を困らせ、発言と解答に制限が加わった女性記者として知られる様になりました。 TwitterやFacebookもフォロワーも多く、権力側に迎合しない独自の視線が信頼を集めています。 作品のモデルになっている東京新聞は、常に権力側の動きを注視する記事を書く事で知られています。 テレビの画面内で政治討論をする場面が少しだけ登場しますが、そこに出演されています。.

この国のトップが歴代最長在任期間を更新しようとするなか、森監督が新たに被写体に選んだのは、東京新聞社会部の望月衣塑子記者。 年夏.

/16 /79044/12 /69483348 /92310